花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

  • ホーム
  • 花マガ
  • 【春フェア取材】花みどりフェア開幕日を編集長がレポート!②

【春フェア取材】花みどりフェア開幕日を編集長がレポート!②

  • イベント
  • グルメ
  • 体験
  • 花みどりフェア
  • 観光

レポーター紹介

投稿者WEB編集長・横山史
性別女性
年代40代
住まい兵庫県淡路市
趣味旅行・食べ歩き・カフェ巡り
自己紹介淡路花博20周年WEBサイトの編集長の横山です。
5年前に東京から淡路島に移住し、総務省地域おこし協力隊として淡路市のPRを勤めた後、現在は子育てしながら淡路島の魅力を発信させていただいています。
花博イベント関連の情報や、新店舗などの旬の淡路島の情報を発信していけたらと思っています!

花マガ編集長の横山です。

前回に引き続き、淡路花博20周年記念・花みどりフェア開幕日(2021年3月20日)の取材レポートをご紹介します。

題して「花マガ編集長の長〜い1日」パート2(笑)

 

10:00 ひょうごフードマルシェ

ひょうごフードマルシェがあるということで、食いしん坊の私たちは、朝ごはん代わりに行ってみました。

まずは淡路島の形をした、たこ入りかまぼこ!しっかりとした食べ応えで満足♪

こちらは入口で無料配布していた淡路島バウムと、兵庫県認証のたまご。無料でもらえるの嬉しい!
(開幕日のみの配布のようでした・・・)

デザートには息子が熱望したかき氷。(微妙な顔をしていますが、本人はすごく喜んでいるみたいです・笑)

 

10:30 淡路島・国営明石海峡公園(淡路口ゲート)

続いて、淡路島・国営明石海峡公園の一番北にある、こちらの遊具施設へ!
この日は「入場無料」というのもあり、多くのご家族がいらっしゃいました。

2歳になったばかりの息子も楽しめる、小さめのすべり台や遊具があって、いっぱい体を動かしてくれました。
(密を避けて遊びました♪)

 

11:20 移動

淡路会場を後にし、国道28号線をひたすら南下して約1時間。洲本会場に向かいます。

 

12:20 洲本メイン会場へ

洲本メイン会場の一つである「洲本市民広場」に到着。
遊び疲れた息子は車の中でぐーぐー寝てましたが、「ショーンに会えるよ」と伝えるとパッと起きました!(笑)

寝起きで髪が跳ねてますが(笑)NHKやNetflixで人気の「ひつじのショーン」と、はい★パチリ!(ピースしてるそうです)
お目当てのアンパンマンとの撮影会は13時半からとのことで、サテライト会場にランチに行くことに。

 

12:30 サテライト会場・cafe maaruへ

花みどりフェアのサテライト会場には、飲食店さんも多く登録しています。今回はお子様ランチがあるということで、洲本市民広場から車で5分くらいにある「cafe maaru(かふぇ まある)」さんに行きました。

なんとオムライス、ポテト、ウィンナー、サラダ、バウムクーヘン、ジュースがついたお子様ランチが545円ですって!
息子も大喜び♪いっぱい食べてくれました。

私は今月のバウム「ハイチーズ」を注文。熱々のスキレットにのったバウムクーヘンに、とろ〜りチーズがたっぷり。黒胡椒や蜂蜜をかけて味の変化も楽しめます。

他にも淡路牛のハンバーグや、淡路麺業さんの生パスタを使ったランチなど色々楽しめます。

海のそばでロケーションも最高。ソファ席もあって、息子も大喜びでした!

 

13:30 再び・洲本メイン会場へ

時間ギリギリに会場に着くと、お目当てのアンパンマン撮影会には長蛇の列が!

数十組並んで、ようやく一緒に記念撮影♪息子も決めポーズだそうです(笑)
無料で子供も楽しめるって嬉しいですよね!
(撮影時のみマスクを外させていただきました&同行の友人撮影です)

 

このように、花みどりフェアは子供も楽しめる企画や、美味しい食にも出会えます!
ぜひこの機会に、ご家族で淡路島に遊びに来てください♪


ということで、ここで息子を夫に預け、編集長は南あわじ市の人形座会場に向かうのでした。

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。
※花マガ ボランティア記者、追加募集中!! 詳細は募集ページをご覧ください。

Date:2021.03.22

注目キーワード

人気ランキング