花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

  • ホーム
  • 花マガ
  • 【春フェア取材】村雨辰剛 庭づくり&トークイベント

【春フェア取材】村雨辰剛 庭づくり&トークイベント

  • 花みどりフェア

レポーター紹介

投稿者明石 春枝
性別女性
年代60代
住まい神戸市
趣味読書、旅行
自己紹介2019年に娘家族が淡路島に移住。すっかり淡路が気に入ったようです。私も孫に会いに行くたびに、神戸からこんなに近いのに、なんて自然が豊かで、食べ物も美味しいの!と、どんどん淡路に魅せられています。いずれ近い将来、淡路に移住しようと計画中です。どうぞよろしくお願いします!

2021年3月20日淡路花博20周年記念「花みどりフェア」の開幕日。

ここ、南あわじメイン会場「淡路ファームパーク・イングランドの丘」では、

国生みの館前にて「村雨辰剛(むらさめたつまさ) 庭づくり&トークイベント」が開催。

まずは、庭の除幕式から始まりました。

 

 

①村雨辰剛プロデュース「国生みの庭」除幕式

『国生みの庭』と名付けられたこの庭は、スウェーデン出身の庭師・村雨辰剛さんによる造園です。

中学生時代に日本の歴史に触れ、特に戦国時代の武士道に憧れたことがきっかけで、日本の文化が大好きになった村雨さん。
高校生の夏休みに日本でホームステイを経験し、日本の伝統文化に魅力を感じて、なんと19歳のときに日本に移住。
23歳で造園業の世界に飛び込み、さらに日本国籍も取得されています。

現在は“和の庭”のプロフェッショナル&タレントとして、テレビやラジオ、CMなどでも活躍中なんです!

除幕式には正装の「印半纏」で登場!「カッコイイ〜」という声が聞こえてきました(笑)


今回造園した「国生みの庭」の1番大切なところは「松」だそうです。

松は 松竹梅 で1番位の高いとされる木で、名前の由来は「(神を)待つ」、「(神を)祀る」や「(緑を)保つ」が転じて出来たなど諸説あり東アジア圏では神の下りてくる樹や不老不死の象徴として珍重され、神様を表しています。

イザナギノミコト・イザナミノミコトの夫婦をイメージした双幹の木。
樹形が双幹の木は珍しく、探すのに苦労したとのこと。

まだ少し片方の枝が低いですが、庭は完成して終わりではなく、育てていくもの。
「これからこの木を育てもっと良い庭に育ってほしいので、ぜひ皆さんには何度も訪れて見守ってほしい」
と話されていました。

 

除幕式とトークイベントの間の短い時間でしたが、インタビューにも快く応じてくださいました。

Q この企画の依頼を受けていただけたのは?
村雨さん「2年前に淡路島で一緒に仕事をする機会があり、それ以来淡路島が大好きになりました。
元々歴史が大好きなので国生み神話も大好きでした。お話を頂いた時、このご縁が嬉しくて喜んで引き受けました」

Q 国生み神話のどういうところに惹かれましたか?
「ファンタジーで、何より夫婦愛が描かれているところが好きです」

なるほど、だからお庭にも夫婦の松が植えられたのですね。

 

トークイベントにも印半纏で登場。この印半纏の背には「三つ追い組み松葉の丸」に、村雨さんのスウェーデンの家紋を組み合わせた新しい創作家紋が描かれています。

 

 

②村雨辰剛 トークイベント

この日のトークイベントにはソーシャルディスタンスを考えた150席が準備されていましたが、
NHKの人気番組「みんなで筋肉体操」の“筋肉アシスタント”で有名になり、
タレントとしても活躍中の村雨さんが登場するとあって、朝早くから満席になっていました。

話題の筋肉美については、たまたま暑くて服を脱いで作業しているところを写された写真が、
関係者の目に留まり、話題になったようです。

体を鍛えることは庭師としての力仕事にも生かされ、庭師の多くが経験するぎっくり腰にはならずに済んでいるそうです。

「ただ、熱中症で何度も倒れ入院までし、たくさん迷惑をかけてしまった」と恥ずかしそうに話すチャーミングな一面もあり、
「日本の夏は暑い、苦手だ」とも…(笑)
 

 

「大好きな日本庭園が、近年生まれる数よりはるかに壊される数が多いのが悲しい。西洋の庭園は左右対象が多くどちらかというと人工美、日本庭園はアシンメトリーで自然を生かした自然美、一つとして同じものは作れない」

「タレントとしての活動も、庭師の仕事に生かしたいし、日本庭園の良さを伝える力になれたら嬉しい」

「日本が好きで日本に来たかった。そして日本人になりたかった。厳しい修行も好きだから苦にならない。自分はわがままに好きなことを仕事にしてきた」

と話す村雨さん。

どんな質問されても謙虚に思慮深く答える姿に、しみじみとこんな好青年が日本を好きになって、日本人になってくれて嬉しいと思いました。

そして「淡路島が大好き!」と言ってくれますます彼のファンになりました!


好きなことを見つけ諦めずに突き進んできた村雨さん。真面目に真摯に生きてきた彼の今後の活躍が大いに楽しみです。


※4月から N H K「趣味の園芸」毎週日曜[Eテレ]前8:30~8:55のナビゲーターも担当されます。

 

 

■村雨辰剛の和暮らし

YouTubeにて発信もされているそうです。
https://www.youtube.com/c/murasamewagurashi?app=desktop


 

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。
※花マガ ボランティア記者、追加募集中!! 詳細は募集ページをご覧ください。

Date:2021.04.01

注目キーワード

人気ランキング