花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

  • ホーム
  • 花マガ
  • 【春フェア取材・淡路夢舞台】「香りとくらす」アーティスト和泉 侃(Izumi Kan)氏インタビュー(後編)

【春フェア取材・淡路夢舞台】「香りとくらす」アーティスト和泉 侃(Izumi Kan)氏インタビュー(後編)

  • イベント
  • 体験
  • 旅行
  • 癒し
  • 花みどりフェア
  • 観光

レポーター紹介

投稿者大地の種*旅するピアニストシンガー海賀千代
性別女性
年代50代
住まい兵庫県
趣味自然と戯れること・五感が喜ぶことをすること
自己紹介植物音楽ユニット・大地の種*旅するピアニストシンガーソングライター海賀千代(かいがちよ)です。
淡路島は美しい大自然の恵みと、そこに住む人たちが育むエネルギーが融合して素晴らしい魅力にあふれています。五感が喜ぶ情報をたっぷりとお届けしてまいります。

◆植物音楽ユニット・大地の種オフィシャルサイト
 https://www.daichinotane.com/

【春フェア取材・淡路夢舞台】

「香りとくらす」

アーティスト Installation/Scent Design & Direction

和泉 侃(Izumi Kan)氏インタビュー (後編)

淡路夢舞台 野外劇場・芝生広場にて開催のイベント「香りとくらす」をプロデュースした和泉 侃(Izumi Kan)さん。

インタビュー後編は、今回のイベントへの思いや、くらしの中での簡単な香りの楽しみ方のヒントなどをお話いただきました。

 

 

■今回の企画「香りとくらす」の楽しみ方を教えてください。

「香り」はどこにでもあるものですが、意識しなければ存在に氣づくことができません。今回はLIVE配信で「香り」をお届けすることはできませんが、それぞれの場所で個々のフィルターを通して「香り」を感じて新たな発見や氣づきのきっかけとなり、皆さんのくらしの中での「香り」を表現していただけたらと思っています。

 

■くらしの中に初めて「香り」を取り入れる方に簡単にできる素敵な方法を教えてください。

例えば、お風呂の中にバスソルトを入れてみたり、ハーブティーを入れて飲んでみたり、日常の延長線上にちょっとプラスαできることから無理なく始めてみられるといいかもしれません。

 

■ちなみに和泉さんは「香り」の食材ですと何がお好きですか?

ちょっとマニアックですがサフランが好きでサフランリゾットなどにすると美味しいです。あと、スパイスが効いたカレーも好きです。

 

■最後に、「香り」やアートを通じてこれからやってみたいことをお聞かせください。

人が本来持っている身体感覚や個性、感性に直結する「香り」というツールを用いて、自分自身にしかできないフィールドの作品を通じて、いかにそういった感覚を引き出せるか?というアプローチをさらに探求していきたいと思っています。

 

-本日は貴重なお話をありがとうございました。

 

****************************************

<インタビューを終えて>

「香り」という日常にありながら見過ごしている豊かさの氣づきを与えてくださる和泉侃さんのお話や発想から生まれるインスタレーションにとても感銘を受けました。

今回会場で配られる予定だったアルコール消毒スプレーは、新緑のシーズンをイメージしてティートゥリーなどの天然ハーブがブレンドされたとっても爽やかな香り。

ポスターデザインには主成分の化学記号があしらわれていて心憎い演出です。

和泉侃さんは秋の花みどりフェアもプロデュースされるそうですので次はどんな仕掛けがあるか楽しみです。

 

 

****************************************


淡路花博20周年記念花みどりフェア

■アーティスト Installation/Scent Design & Direction
 和泉 侃(Izumi Kan)氏 オフィシャルサイト

 

 

 

 

 

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。
※花マガ ボランティア記者、追加募集中!! 詳細は募集ページをご覧ください。

Date:2021.05.27

注目キーワード

人気ランキング