花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

「べっぴん鱧」を本場淡路島で召し上がれ!

  • グルメ
  • 観光

レポーター紹介

投稿者明石 春枝
性別女性
年代60代
住まい神戸市
趣味読書、旅行
自己紹介2019年に娘家族が淡路島に移住。すっかり淡路が気に入ったようです。私も孫に会いに行くたびに、神戸からこんなに近いのに、なんて自然が豊かで、食べ物も美味しいの!と、どんどん淡路に魅せられています。いずれ近い将来、淡路に移住しようと計画中です。どうぞよろしくお願いします!

「べっぴん鱧」を本場淡路島で召し上がれ!

「はも延縄」と呼ばれる漁法で一匹一匹を丁寧に釣り上げる淡路島のハモは、傷が少なく金色の美しい「べっぴん鱧」や「黄金鱧」!


ビタミンAが豊富で、皮の部分にはコンドロイチンが含まれ、肌の老化をおさえ、夏バテにも良い!
美容と健康のもとだなんて 嬉しいこと満載。

 

大阪・京都の夏には特に珍重され、「鱧祭」とも呼ばれる京都「祇園祭」や大阪「天神祭」で、なくてはならない関西の夏の風物詩ですが・・・

残念ながら今年の祇園祭も新型コロナウィルスの影響で、神輿渡御、山鉾巡行及び関連行事(宵山等)の中止が決まりました。

でも「鱧」は淡路島で美味しく召し上がれます。

太閤秀吉が大坂に「ざこば」を開いたことがきっかけで、京都の料亭で沼島の鱧が珍重される様になったと伝わる鱧を、本場淡路島で食べられるのは嬉しいですね!

 

鱧落としには800g前後の小ぶりな鱧を使用し、梅肉とともにさっぱり


またハモすきには脂ののった1.5kg前後を使用し、甘味たっぷりの淡路島玉ねぎと共に。

メニューによってハモの大きさを選ぶのが、淡路島の味のこだわり。


たくさんの硬い小骨をもつハモの料理には、その技術を習得するのに10年はかかるといわれる「骨切り」という独特の高度な技術が必要です。

淡路島のハモ料理が有名なのは、どこの旅館・ホテル・民宿・食事処でもこの骨切り技術の確かな料理人がいるそうです。

 



湯引き、はもすき鍋、天ぷら。 
ぜひ本場の淡路島で「べっぴん鱧」を召し上がって下さい!

 

 

■淡路島観光協会「淡路島の鱧 特設ページ」
https://www.awajishima-kanko.jp/awaji/hamo/

淡路島で鱧を美味しく食べられるお店の一覧もあります。

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。
※花マガ ボランティア記者、追加募集中!! 詳細は募集ページをご覧ください。

Date:2021.08.10

注目キーワード

人気ランキング