花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

【近くの淡路島①】伊丹でみつけた淡路島

  • お土産
  • グルメ

レポーター紹介

投稿者ありこ
性別女性
年代50代
住まい兵庫県伊丹市
趣味散歩、写真(お酒、鉄塔など)、音楽(のこぎり、鼻笛など)
自己紹介すごく気になる淡路島のことを勉強中。
「ひとりで淡路島」「オットと淡路島」「おうちで淡路島」「図書館で淡路島」など体験したさまざまな淡路島をみなさまにお届けしたいと思っています。
淡路島専用インスタ毎日更新しています。
https://www.instagram.com/ariko_awajishima/

伊丹でみつけた淡路島   記事作成:2021年7月11日

スーパー、デパ地下、お散歩中…いつでもどこでも淡路島ものを探しているありこでございます。
今回は、伊丹でみつけた淡路島を2つご紹介。


❶伊丹市立観光物産ギャラリーで発見!

「伊丹のお酒でも買おうかな?」と思い立ち、JR伊丹駅改札横の伊丹市立観光物産ギャラリーへ行ったときのこと。

目に飛び込んできたのは、伊丹の特産品ではなく、南あわじ市平野製麺所さんの商品。

 

■「職人のまかない麺」「淡路島手延べそうめん淡路の糸」「淡路島手延べそうめんうずしおの華」

「伊丹市の観光物産ギャラリーなのに、なぜ淡路島?」と思いながら、ギャラリーの奥へ進むと、またもや「平野製麺所」さんの商品が!


■「鱧ペスカトーレ」と「淡路島ぱすた」

スタッフさんに「淡路島と伊丹は、深い関係があるのですか?」とお伺いしたところ「何も関係はないんです」とのこと。

「本当に何も関係はないのだろうか‥何かヒミツがあるのでは‥(ミステリードラマの見過ぎ?)」

疑念は残りましたが、深くは追求せず「鱧ペスカトーレ」「淡路の糸」「ふし麺」をおとなしく買って帰りました(笑)



思いがけなく、手に入った淡路島もの。
肝心の伊丹のお酒のことはすっかり忘れていました。

どのようにいただいたかと言いますと‥
ふし麺はおそうめんなので、ゆでて使うものなのですが、どうしてもそのままポリポリと食べたくて、
鱧ペスカトーレに、袋から出したままのふし麺をしばらく浸し、
ふし部分にペスカトーレがちょっと染みた頃を見計らって口にいれてみました。
海の香りが増して、気分は淡路島。お酒の肴としていただきました。

淡路の糸鱧ペスカトーレと粉チーズをかけて、冷製スパゲティ風にもしてみました。


「ふし麺って何?」「他にレシピは?」と思った方は、平野製麺所さんのHPをご覧ください。☆☆☆


淡路瓦のカフェ

もうひとつの伊丹でみつけた淡路島はこちら。
先ほどの伊丹市観光物産ギャラリーから、西へ徒歩約5分。タリーズコーヒー伊丹店の光輝く屋根瓦にご注目。

淡路産いぶし瓦「一文字葺き」(設計・施工:住友林業株式会社)
全長54メートル。手前がタリーズコーヒー伊丹店、写真右奥はソフトバンク伊丹中央ショップです。


伊丹郷町地区と呼ばれるこの周辺は、伊丹市の景観重点区域となっており、レストランや美容院、銀行なども町屋・酒蔵をイメージしたデザインになっています。


ニトリさんにも景観にご協力いただいております。

ワタクシごとですが、現在、に興味大!
瓦体験教室やギャラリー見学、瓦屋根のお屋敷散策などなど、淡路島に行ったら、瓦ツアーをするつもりでおります。

 

このように、これからも淡路島外で淡路島を感じられる物や場所の紹介をしていきたいと思います♪

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。
※花マガ ボランティア記者、追加募集中!! 詳細は募集ページをご覧ください。

Date:2021.07.29

注目キーワード

人気ランキング