花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

  • ホーム
  • 花マガ
  • 【花みどりフェア】マツとムシのフィールドワーク in慶野松原9/25

【花みどりフェア】マツとムシのフィールドワーク in慶野松原9/25

  • イベント
  • 体験
  • 花みどりフェア

レポーター紹介

投稿者明石 春枝
性別女性
年代60代
住まい神戸市
趣味読書、旅行
自己紹介2019年に娘家族が淡路島に移住。すっかり淡路が気に入ったようです。私も孫に会いに行くたびに、神戸からこんなに近いのに、なんて自然が豊かで、食べ物も美味しいの!と、どんどん淡路に魅せられています。いずれ近い将来、淡路に移住しようと計画中です。どうぞよろしくお願いします!

マツとムシのフィールドワーク 〜in慶野松原9/25/〜

 

国の指定重要文化財である「慶野松原」をみんなで探検し、昆虫の大捜索!!

ということで、お天気に恵まれた10月25日の朝9時半から、4歳と2歳の孫を連れて参加してきました。

実は私、虫は苦手・・・。

でも虫大好きの孫ちゃんのために、勇気を振り絞り(大袈裟すぎ?)行ってきました(笑)

 

会場の入り口では、受付に続々と子ども達が!

 

淡路島・慶野松原根上り隊さんの挨拶で始まりました。

慶野松原根上り隊さんは、「海岸のゴミ拾い」や「松ぼっくりからタネをとり、苗を作り植林する」など
慶野松原を守るために地道に活動されています。


 

慶野松原にはどんな虫がいるのかな?

虫を捕まえるコツ 心構えを「県立入と自然の博物館」の昆虫博士 ・八木剛先生に教えてもらいスタートです!



松林を抜け、準備OKyes 

 虫あみを持って草むらにGo!


 

広がる海 真っ青な空 爽やかな空気!

この場にいるだけで癒されます。


それぞれに虫と格闘?





中にはこんなに大きなバッタを捕獲した子も!

 
素晴らしいheart

トンボやアゲハ蝶もいましたが
残念ながら私には捕獲できませんでした(笑)



そして草むらを散策中に事件は起こったのです!

私の腕に這いあがるコオロギ!!!!!

思わず 「ヒェ〜〜ッ!!」crying

4歳の孫がそっと両手で捕獲して虫かごにINしてくれました(笑)

八木先生のレクチャーをちゃんと聞いていたようです。

虫かごの蓋は上に向けて開けると虫が飛び出すので、
横に向けて開けて そっと入れる OK 無事捕獲!



捕獲した虫をビニール袋に入れ名前を書いて展示します。



 

2歳の孫も運よくバッタを捕獲。



この後、虫について詳しい解説がありましたが、残念ながら孫ちゃんたちが退屈しだし、止むを得ず途中退散。

お土産をいただいて帰りました。

秋の1日 虫との触れ合いのひとときでした。

広々とした砂浜 木陰が涼しい松林 虫取り以外でも 慶野松原の散策 おすすめです。
 


主催 南あわじ市教育委員会・慶野松原根上り隊
協賛 兵庫県立人と自然博物館

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。
※花マガ ボランティア記者、追加募集中!! 詳細は募集ページをご覧ください。

Date:2021.10.12

注目キーワード

人気ランキング