花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

  • ホーム
  • 花マガ
  • 【花みどりフェア】うみぞら映画祭2021 ~オープニングセレモニー キムラ緑子×清川あさみスペシャルトークショー!

【花みどりフェア】うみぞら映画祭2021 ~オープニングセレモニー キムラ緑子×清川あさみスペシャルトークショー!

  • イベント
  • 花みどりフェア

レポーター紹介

投稿者じりこ
性別女性
年代40代
住まい兵庫県明石市
趣味サイクリング、食べ歩き、漫画
自己紹介2年間住んですっかり淡路島にハマりました!住んでいたときに感じていた「淡路のいいとこ」をお伝えできればと思います。

【花みどりフェア】うみぞら映画祭2021 ~オープニングセレモニー キムラ緑子×清川あさみスペシャルトークショー!

 

花みどりフェアもいよいよ終盤!

今回は、洲本市の大浜海岸で開催されたうみぞら映画祭に行ってきました!

 

 

うみぞら映画祭は、波打ち際に巨大なスクリーンを吊るし砂浜から映画を鑑賞する、珍しい上映スタイルの映画祭です。

 

 

 

オープニングセレモニーは、キムラ緑子×清川あさみスペシャルトークショー

おふたりとも淡路島出身。今回のうみぞら映画祭で初披露となるアニメーション作品「くにうみ」でタッグを組んでいます。

 


くにうみ神話という言葉を小さいころから聞いてはいたけど、知ってそうでちゃんと知らない自分がいた。この素敵な話をみんなに届けたい、子ども達にも伝えていきたいと思い、製作を企画しました。(清川さん)

 

 

「くにうみ」は、視覚的にもすごいし、音楽もすごい。くにうみ神話が強力に心に残る作品です。淡路島が国の最初の島だとリアルに感じられ、こういう島で自分が産まれたんだという感動と嬉しさがありました。(キムラさん)

おふたりとも、「未来に残る作品になった」と語っておられました。

 

 


淡路島のお話も。玉ねぎ小屋の話や、「大浜海岸に昔は馬がいた」という地元トークで盛り上がっていました。

おふたりとも衣装もおしゃべりもとってもチャーミングで、すっかりファンになりました(^^)

 

 


キムラさんはなんとトークショー当日がバースデー

清川さんからの花束贈呈に、会場のみなさんでバースデーソングを歌ってお祝い。キムラさん、とっても嬉しそうでした。

 

 

 

トークショーに続いて、アニメーション作品「くにうみ」の上映。

清川あさみさん総合プロデュース・キムラ緑子さん朗読の、国生み神話を刺繍アートでアニメーション化した作品です。

 

 

 

メイキングムービーで、刺繍という手法と神話がすごくつながったと話していた清川さん。

刺繍で描かれた神話の世界は、鮮烈で力強いです。時おりドキっとする恐さを感じたり、なんというか五感が揺さぶられる作品でした。

 

 

 

トークショーで、淡路島では自然と共生していた感覚があって、海も木も空の色も、何も見ずに描けるようになったと話していた清川さん。自然の力強さや恐ろしさを小さいころから身近に感じていた清川さんだからこその作品だと感じました。

 

 

この刺繍のアニメーションに、優しい語り口ながらはっきりストレートなキムラさんの声が、すごく合っています。神話の少し不可思議な言葉も、ストンと心に入ってきます
キムラさんご自身も、みなさんが作ったくにうみの世界を邪魔していない声になったと、手応えを感じていたようでした。

 

(テントに描かれていたくにうみの絵)

 

上映の最後には打ち上げ花火の演出が。

スクリーンに浮かぶ作品と花火にすっかり目と心が奪われ、感動しました。。

 

 


砂浜での映画鑑賞。映像の奥から聞こえる波の音。どこからか聞こえる虫の声。

スクリーンの上には星空。遠くに見える街や車や船の明かり。

 

 

周りの様子が気になることはなく、むしろ不思議と周囲が映画に溶けこんでいます。

野外で観ることで、映画が現実と一体化し、より作品をリアルに感じられたように思いました。

 

 


うみぞら映画祭2021、とっても楽しかったです。

夜の砂浜で観る映画は想像以上に素敵で、またとない経験でした。

来年も絶対に行く!と、かたく心に決めたうみぞら映画祭でした(^^)

 


 

 

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。

Date:2021.10.21

注目キーワード

人気ランキング