花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

休校のこどもたちと共に!

  • 体験
  • 癒し

レポーター紹介

投稿者大橋雄斗
性別男性
年代20代
住まい南あわじ市
趣味サッカー、農業
自己紹介ライターの大橋です。2019年11月に横浜から淡路島に移住してきました!淡路島では農業や家庭教師、店舗のお手伝いなど、よろず屋の活動をしながら、日々楽しく過ごしています。淡路島愛に溢れる記事を書いていきますので、よろしくお願いします!

こんにちは!大橋雄斗です。

先日、コロナウイルスの影響で小学校が休校ということで、暇を持て余している福良の子どもたちと過ごすことになりました。

 

まずはサッカーの朝練からスタート!
寝ていると子どもたちが寝室まで起こしに来てくれます(笑)

元々2人の予定が5人集まり、ミニゲーム形式の練習もできて、子どもたちも楽しそうでした^_^

(子どもたちと青空の下楽しくサッカー!)



それから「釣りをしよう!」という話になり、集合場所と時間を決めて昼前にいったん解散。解散してから「KNIXTハウス(僕と仲間で借りている古民家)」に遊びにきたK君。ハンモックで遊んでから、人数分の釣竿とエサ探しの旅に!!

(庭にあるハンモックを堪能する優雅な午前のひと時)



さすが福良!近所の方々にご協力いただき、釣竿とエサがすぐに揃いました。

そして無事集合時間より前に全員が集まり、歩いて福良港に向かいます。意外と釣りをし慣れていない子がほとんどで、道中ワクワクしている様子でした。

一通りやり方を教えてから、とにかくやってみます。 

(普段しない釣りに、子どもたちもハイテンション!)

 

あっちこっちで糸が絡まり、エンドレスで呼び出しをくらうこと1時間(笑)。

しかし徐々に慣れてきたようで、各々1人でできるようになりました。子どもたちの成長スピードは本当に早い。できないんじゃないかと思うことも結構できたりしますよね。サッカーの朝練と釣りを通して、改めてこどもたちの可能性は大人が計り知れないものだと感じました。

 

親御さんからは「1日疲れたやろ〜」と労っていただきましたが、逆に子どもたちにパワーもらったような気がします(^_^)

 

 

福良では気軽に釣りができるスポットがありますので、観光に来てちょっと釣りでもしてみようか、という方にもおすすめの場所です。子どもたちでも釣れるので、楽しめること間違いなし!

 

福良湾で子どもたちが釣りをしていたら、是非声をかけてあげてください(^_^)

 

世間がこんな時だからこそピンチをチャンスに変え、新しいことに挑戦し成長している子どもたちが福良にはいるので、僕も毎日張り切って楽しんでいきます!!

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。

Date:2020.04.02

注目キーワード

人気ランキング