花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

  • ホーム
  • 花マガ
  • 【車が無くても楽しめる!?】船とバスの淡路たび(前編)

【車が無くても楽しめる!?】船とバスの淡路たび(前編)

  • グルメ
  • 体験
  • 旅行
  • 花みどりフェア
  • 観光

レポーター紹介

投稿者じりこ
性別女性
年代40代
住まい兵庫県明石市
趣味サイクリング、食べ歩き、漫画
自己紹介2年間住んですっかり淡路島にハマりました!住んでいたときに感じていた「淡路のいいとこ」をお伝えできればと思います。

こんにちは!ライターのじりこです。本土在住の私に編集長から与えられた指令がこちら。

「バスで旅する淡路島!!!」

マイカーなしで淡路島を楽しもう!

というわけで、今回は淡路市のコミュニティバス「あわ神あわ姫(あわじんあわひめ)バス」を利用して淡路を旅してみました。

 

 

1)明石 ジェノバライン乗り場

明石と淡路島を結ぶ高速艇・ジェノバラインに乗るために明石駅へ。電車に乗り遅れ、明石駅に着いたのが出航12分前。乗り遅れるとバスに乗り継げません。ダッシュで港に向かいます。

 

・・・間に合いました。思ったより駅から近かったです(笑)

 

「花・食巡り1day切符」を窓口で買います。ジェノバライン往復&あわ神あわ姫バス乗り放題のお得なチケットです。

 

いざ出航!船で移動というこの非日常感、テンションあがります。橋の真下をくぐるのも船旅ならでは。

 

 

2)岩屋港

15分ほどで岩屋港に到着。まずは夢舞台に行く予定です。バスを探します。

なんと真っ金金!

これまたすごい非日常感で、変にテンションあがります!

 

乗り込むと、なんと車内も真っ金金。

その昔、一億円の金塊を旧津名町で展示していたのが由来のようです。

 

乗車して間もなく、「あわ神あわ姫バス」は時計回りと反時計回りがあったのを思い出します。

・・・や、やっぱり・・・嫌な予感は的中!どうやら予定と逆回りのバスに乗ってしまったようです。

金に目がくらんだ結果ですね、さぁ、どうしましょう?(笑)

 

 

3)グリナリウム淡路島

ひとまず気を取り直して「グリナリウム淡路島」で下車。

いちご温室の写真を見かけて気になっていたスポットです。いちごやトマトの収穫が楽しめ、カフェもあります。ここではランチの予定だったのですが、まだ10時前。いちごピクニックをすることにしました。

なんと素敵な空間!

まずはいちご狩り。お店の方から「ヘタの辺りまで真っ赤で、形は菱形のものがいいですよ~」と教わったので、これぞと思ういちごを選びます。

摘んだばかりのいちごを載せた自分だけのオリジナルケーキをいただきます。かかっているのはいちごと相性抜群の練乳クリーム。すんばらスウィート♡

 

4)あわじ花さじき

グリナリウム淡路島から10分、あわじ花さじきに到着です。

ここで最初に一緒のバスに乗っていた女性二人組が、すれ違いざまに「こんにちは」と挨拶してくださいました。こういう触れ合い、旅してるな~という感じです。

 

あわじ花さじきは、海に向かってなだらかに広がる高台の花畑です。とにかく眺めが最高!すごい解放感!!花の香りに包まれて、日ごろの疲れが癒されます。

入口に物産店とレストランが入った新しい施設ができていました。
(施設に関する紹介はこちらの記事をご参照ください 【NEW OPEN】あわじ花さじき「テラス館」

 

ということで、じりこがお届けする淡路島バスの旅、後編に続きます!

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。

Date:2020.04.03