花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

  • ホーム
  • 花マガ
  • 【ふくちゃん先生の淡路島課外授業】2時間目「美流 おひさまの里」

【ふくちゃん先生の淡路島課外授業】2時間目「美流 おひさまの里」

  • 体験
  • 癒し
  • 観光

レポーター紹介

投稿者福山 慎一(ふくちゃん先生)
性別男性
年代30代
住まい淡路市
趣味読書、子どもと遊ぶこと
自己紹介2019年5月に縁もゆかりもない中、気に入ったという理由で家族で淡路島に移住。6月から、淡路市の地域おこし協力隊をしている、元教師です。
子どもが3人いるので家族で出掛けたことや、その他にも、地域おこし協力隊ならではの話題なども書ければと思っています。
どうぞよろしくお願いします!
こんにちは!今日も淡路島の課外授業はじめましょう!
 
 
・せっかく淡路島まで来たんだから、自分だって自然の中でのんびりしたい!
・でも子どもがいるから子どものペースに合わせないといけない‥。 
・子どもの相手をしているだけで終わってしまう‥。
 
そんな方も多いのではないでしょうか⁉
 
 
 
今回、僕が紹介するのは、美流 おひさまの里。
小さなカフェがオープンしていました。(敷地はとっても広いですが。)
 
事前リサーチによると、動物と触れ合うことができる、とのこと。
子連れでカフェ・・・果たしてゆっくりくつろげるのでしょうか?!
 
「子どもも一緒に淡路島に来たけど、自分もゆっくりしたい」という願いが本当に叶う場所なのか、実際に行って来ました(^^)
 
 
 
 
早速入り口に到着、車を停めて歩きます。
手作り看板が目印です。
 
 
 
急な下り坂です。
登る時しんどいかなーとか思いながら下ります。
しかし走って転ぶと危ないかもしれないので、初めて行く人は手を繋いで行く方がより安全かと思います。
 
うちの子たちは喜んで走って行ったので、親は焦って大声で「走るなー!!」と言ってる、の図。
 
 
 
少し下ると、手作りのガーデンがお出迎え。
 
カフェは、ご自宅の建物の一部をリフォームしたそうです。
 
 
そしてこちらが入り口です。お店は土足禁止となっていますので、入り口で靴を脱いで入店します。
何を隠そう僕は間違えて、そのまま入ろうとしています。お恥ずかしい…!
 
 
 
入ったら、窓から見える景色!
 
すてき!ミモザの黄色がなんともキュートです。
 
 
そして、こちらがお店の中。
 
 
 
 
土足厳禁なので、小さい子どもがハイハイしても大丈夫なのはかなりありがたいです。
 
 
 
この日のランチはこちら。おひさまランチ!
 
1,200円でデザート付き。こんなに色んな種類のおかずが食べられるなんて、家では絶対にありえない!
あ、我が家では。笑
 
 
その日によって内容は変わるそうですが、この日は淡路島の新玉ねぎが丸ごと1個入っていました!
改めて、なんて甘いんだ~!!!
 
 
その他にも、子どもたちが食べやすいサンドイッチやうどんもあって、助かります。
 
 
 
ランチの後、子どもたちが案内されて向かった先はこちら。
 
 
謎のコンテナハウス!!
 
その中身はこれだ!・・・1.2.3
 
 
なんとおもちゃが用意されていて、自由に遊ぶ事ができます。実にありがたい!
 
「ちょっと遊んでてねー」とか言って、こっそりカフェに戻りゆっくりランチ。
 
 
 
ひとしきりおもちゃで遊んだ後は外でも遊ぶ事ができます。
 
自然の中で遊ぶのはやっぱり楽しい!!
 
 
 
こんな大自然、なかなかないですよね!大人がテンション上がります。
 
 
と、その時ついに現れました!そうです。忘れていませんか。
ここ、美流おひさまの里は動物と触れ合えるカフェなんです。
 
目の前に現れた動物!それは...
 
 
羊!!メェーー!

名前は「おとよさん」!!なんてチャーミングなんだ!(笑)

 

子ども達は興味深々!!追いかけ回したり、背中ポンポンしたり、草を食べさせてみたり…。

それにしても何と人懐っこい羊だこと。後をついて来てくれるし、近くにいても全く嫌がりません。

一緒にお散歩したりもしていました!

きっと大切に優しく育てていらっしゃるんだろうなぁと思います。

だんだん仲良くなっていく様子が見られてとても嬉しい気持ちになりました。

 

でもまだ歩けない赤ちゃんはぬいぐるみで我慢してね(^^)

この他に、ワンちゃん、ねこちゃん、烏骨鶏のニワトリさんもいて、運が良ければ生みたて卵の卵かけご飯も食べられるみたいですよ!

 

結局ランチを食べた後も、1〜2時間たっぷり遊ばせてもらってから帰りました。

探検したり、動物と触れ合ったり、ボーッとしたり、虫を見つけたり…。

 

その間に奥さんは、雑貨コーナーをゆっくり見て回っていたようです。

取り揃えているハーブティーの種類も豊富で、色々教えてもらいながらお土産も選べたそうです。

 

ランチを食べるだけでなく、その場で遊んで帰ることの出来るカフェは淡路島でもなかなかありません。

それが美流おひさまの里の1番の魅力ではないでしょうか!!

 

 

さて、まとめです。

  • 子連れでも十分のんびりできます。子どもコンテナハウス、何より素晴らしい自然が目の前に広がっています。
  • 羊の「おとよさん」は仲良くなると、足に頭をこすりつけてきます(笑)
  • 大自然の中で、ご飯を食べたり、ハーブティーを飲んだりできます。ハーバルセラピストの資格をもつ店主ゆきさんに、その日の気分や体調に合ったものを選んでもらうのもいいですね!
  • ゆっくりするつもりが、こっちがテンション上がってしまうほど、童心に返って子どもと一緒に遊ぶ事ができました

 

2つ注意点です。

  • 車を置いてからお店までのアップダウンはけっこうあるので、そのつもりでお願いします。
  • 羊の「おとよさん」は、人間の食べ物を絶対口にしてはいけないそうなので、餌を与えないで下さい。

 

 

ということで、こんなに敷地の広いカフェはなかなか無いと思います!

子連れでも十分のんびりできるし、一緒に楽しむ事ができました。

 

子どもが、次は虫網持って来よーって言ってました。(カフェに虫網って…笑)

 

でも、それこそが美流おひさまの里です。

ぜひ一度体感して頂けたらと思います(^^)

 

 

◼︎最新の情報は、こちらでご確認ください!

http://biryu.wp.xdomain.jp/

 

※この記事は2020年3月に取材したものです。内容やサービス等異なる場合がございます。ご了承ください。

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。

Date:2020.08.05

注目キーワード

人気ランキング