花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

  • ホーム
  • 花マガ
  • 【車が無くても楽しめる!?】船とバスの淡路たび(後編)

【車が無くても楽しめる!?】船とバスの淡路たび(後編)

  • グルメ
  • 旅行
  • 観光

レポーター紹介

投稿者じりこ
性別女性
年代40代
住まい兵庫県明石市
趣味サイクリング、食べ歩き、漫画
自己紹介2年間住んですっかり淡路島にハマりました!住んでいたときに感じていた「淡路のいいとこ」をお伝えできればと思います。

こんにちは、ライターのじりこです。

船とバスの淡路たび、後編です。

 

 

旅の楽しみといえばご飯!

ということで、「あわじ花さじき」から歩いて10分ほどの「淡路カントリーガーデン」でランチすることにしました。

 

花さじきからカントリーガーデンまでは、歩道が整備されているので、車を気にせず歩けます。

途中、サイクリングの方と、なんと馬に乗った方にもすれ違いました。近くで乗馬体験もできるらしいですね。どちらも楽しそう!

 

1)淡路カントリーガーデン

看板には「さがす・みつける・体験する」の文字。動物とのふれあいやバーベキューなどが楽しめるようです。

 

今日のお目当ては「ランチ」ということで、淡路カントリーガーデンの入口にあるハンバーガーショップ「safsaf-サフサフ-」さんの「あわじ大地のバーガー」をいただきます。

玉ねぎ甘~い!!柔らかパテとシャキシャキレタスの食感もグッド!

 

バンズにもこだわりがあるようです。歩いてきた甲斐がありました(^^)

(写真右のパネル:バンズについて)

 

バス待ちの間、カントリーガーデンの園内を散策します。家族連れがエサやりや遊具などを楽しんでいました。

ご家族連れの皆さんはぜひこちらの記事もどうぞ →福山ママの淡路カントリーガーデン体験記

 

 

 

2)淡路夢舞台

「淡路夢舞台」には、ホテルや植物園など様々な施設があります。安藤忠雄さんデザインの建築物と自然が見事に調和しており、何回来ても飽きません!

 

旅に出たら、なぜだか高台に上りたくなりませんか?というわけで、百段苑へ。階段状に並んだ花壇の間を上ります。

 

上りきりました!達成感!!歩くのがしんどい方にはエレベーターもあります。

 

 

さあ次は「明石海峡公園」へ!と思っていたところ、下方から園内放送が聞こえます。

「明石海峡公園は4時で閉園です」

え?4時!?あと30分もありません。そもそも最初に来る予定だったので、閉園時間をチェックしていませんでした。なんということでしょう。。。

 

とぼとぼと建物内を歩いていると、「TOM‘S STUDIO」さんの「淡路島まるごと玉ねぎ」が目に入りました。小腹も空いてきたので、いただきましょう!


玉ねぎ甘~い!!(本日2度目)芯までとろりと柔らかい玉ねぎが丸ごと1個味わえます。周りはミートソースにチーズがたっぷり。そしてのび~る♡美味しかったです!

 

 

3)岩屋港

お土産に玉ねぎを買おうと売店をのぞくと、「ゴメンね~、売れ切れてしもうてこれしかないんよ」とお店の方。しょんぼり。。。

名残惜しいですがジェノバラインに乗船。さようなら淡路、また来ます!

 

船の上で見た夕日がとてもきれいでした。

 

ということで、船とバスの淡路たび、いかがでしたでしょうか。

のっけから計画通りにいかず、行き当たりばったり旅となりましたが、意外となんとかなりました。思った以上にたくさん周れてとっても楽しかったです!

皆さんも淡路でバス旅、いかがですか?

 

岩屋港で買った自分土産

 

※この記事は2020年2月に取材したものです。内容やサービス等異なる場合がございます。ご了承ください。

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。

Date:2020.07.31

注目キーワード

人気ランキング