花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

  • ホーム
  • 花マガ
  • 【家族で行く淡路島♪】Vol.2「学びとグルメ 北淡の旅(後編)」

【家族で行く淡路島♪】Vol.2「学びとグルメ 北淡の旅(後編)」

  • グルメ
  • 旅行
  • 観光

レポーター紹介

投稿者福山ママ
性別女性
年代30代
住まい兵庫県淡路市
趣味ものづくり,旅行
自己紹介ライターの福山ママです。
2019年5月に淡路市に家族5人で移住してきました。現在は、まだ子どもたちが小さいので育児真っ只中です。
子連れで淡路島を楽しむとしたら…という目線で、地元の魅力的な情報をお届けしたいと思います!

【家族で行く淡路島♪】Vol.2
「学びとグルメ 北淡の旅(後編)」

 

ライターの福山ママです。

学びとグルメの旅、後編です。




お昼ご飯は行ってみたかった「淡路夢ホルモン」へ。

もともと倉庫だったところをリノベーションされたそうです。

 

可愛い看板犬がお出迎えしてくれました。

 

 

中に入ると、順番待ちをしても子どもたちが飽きなさそうな、待合スペースが!

こういうの、嬉しいです!

 

 

そして、店内はオーシャンビューでとても気持ちがよく、お洒落でした!

幼児用の椅子も置いていて、食器なども、何も言わなくても用意してくださいました!

 

 

この日は、ランチの焼肉丼をいただきました。

うちはみんなお肉大好きなので、ボリューム満点で大喜びでした!

他にも、子どもが自分でお肉を焼きながら食べられるセットや、特製ホルモンハンバーグなど、気になるメニューがたくさんあったので、また行きたいです!

 

 

この近くに、「だるま堂」という和菓子屋さんがあります。

 

中に入ると、色々美味しそうなお菓子が並んでいます。

その中でも、生チョコ大福(110円)は、人気だそうで、島外から買いに来る人もいるそうです。

チョコが濃厚で、チョコ好きの友達にも喜ばれました。

 

そして、みんな大好きいちご大福!この時期には、外せません!

この顔です!

お腹いっぱいだったけど、甘いものは別腹…は世代を問わずですね。

 

 

この日は帰りの車の中で、子どもたちが寝てしまったので、行くのを諦めたのですが、すぐ近くに海若(わたつみ)の宿というところがあって、ここで、日帰り温泉が楽しめるんです。

天然ラドン温泉の露天岩風呂があります。

 

子連れだと、帰ってからのことを考えると、お風呂も済ませて家路につけたらとても助かるので、我が家はよく温泉もセットで旅の計画を立てます。

またの機会には、寄って帰りたいなぁ。

 

今回は、子どもを連れて北淡震災記念公園に行ってみて、テレビなどを通して見るのと、実際に目にするのとではやっぱり違うな、と実感しました。震災の怖さを肌で感じてくれたと思います。美味しいものも食べて、大人も子どもも中身の詰まった1日となりました。

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。

Date:2020.02.04