花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

  • ホーム
  • 花マガ
  • あわじ花へんろ旅 第5回「淡路市立香りの公園」「水仙の丘」編

あわじ花へんろ旅 第5回「淡路市立香りの公園」「水仙の丘」編

  • 体験
  • 旅行
  • 癒し
  • 花みどりフェア
  • 観光

レポーター紹介

投稿者きょうはる
性別男性
年代40代
住まい兵庫県洲本市
趣味淡路島散策、スタンプラリー、ものづくり(木工)
自己紹介ライターのきょうはるです。
建設業で全国を巡り、5年前に年の差婚を期に淡路島に移住しました。
淡路島で生まれた妻と二歳の子の日常や、淡路島の魅力をTwitterで発信中。(https://twitter.com/kyo_haru)
仕事で淡路島を回ることが多いので、淡路島の隠れた観光名所や飲食店を紹介していきます。

おはようございます!きょうはるですヾ(*´∀`*)ノ

 

前回は【伊弉諾神宮】の紹介をさせてもらいましたが、周辺の”札所”の紹介ができていないので、今回は【淡路市立香りの公園】【水仙の丘】の紹介をさせていただきます。

 

淡路島のアロマスポット【淡路市立 香りの公園】

伊弉諾神宮】から南に向かい、二股に分かれた道を右側に上っていくと第21番の花の札所【淡路市立 香りの公園】があります。

 

 

ここは四季折々の花とハーブが楽しめます。

正面入り口を進むと円形の噴水があるのですが、水の勢いがまるで流れるプールです(笑)

 

 

子供と行くときは着替えとバスタオルを用意しましょう(笑)

 

 

残念ながら日曜日は噴水は止まっているので弁当を片手に公園内を散策しましょう。

自由に使えるコテージや東屋で淡路島の山並みと香りを楽しみながら食事するのも良いですね。

 

 

少し階段や坂道が多いので、お子様と訪れるときは手をつないであげてくださいね。

僕が訪ねた時はちょうど桜が満開でちょっとした桜吹雪を楽しめました。

 

 

 

毎日のお散歩コースにする人もいらっしゃいました。

どの季節に来ても楽しめる場所ってのがありがたいです。

 

すぐ隣には「兵庫県立淡路文化会館」があり、さまざまな催しが開催されています。

「淡路花祭フォトコンテスト」の入賞作品の展示もされていました。

そして去年2019年度の入賞作品のこちら。

【城主】(引用:淡路花祭HPより)

https://awajihanamatsuri.com/photocontest/

 

これ、うちの娘なんです(笑)

初参加で初入賞!!なんと賞金までいただきました!ありがとうございます!!

撮影は僕じゃないですけどね(笑)

 

今年も第8回「淡路花祭フォトコンテスト」が開催されました。

https://www.awajihanamatsuri.com/photocontest/

淡路島ではこのような花にまつわるイベントが数多くあるので、旅行の合間に撮影した写真を応募してみませんか?

いつも通りの日常に楽しかった淡路島旅行の思い出が贈り物と一緒に届くかもしれません(*´ω`)

 

圧巻のイエローパノラマ水仙の丘

続きまして、【伊弉諾神宮】から上がってきた道をそのまま進んでいくと左手に第48番の花の札所【水仙の丘】があります。

 

去年の7月に撮影した写真がこちら。

 

うん。それといった特徴もなく、よく見かける緑豊かな整備された山間の風景ですよね。

 

それが今年の3月にはこちら!!どん!!

 

7月の風景しか知らなかった僕は「うわぁぁ!!!!全然違う!!」って失礼なことを口走ってました(笑)

下からみると視界が全部ラッパスイセン!
よくみると全部同じ方角に花が咲いてるんですよね。だからこれだけの迫力があるんでしょうか。

写真でも迫力はありますが、実際に見たほうがより迫力を感じました。

 

 

娘もはしゃぎ過ぎて疲れたのかベンチに座ってくつろいでいます。

 

 

妻は少し違うところではしゃいでいました(笑)

 

 

こちらでは子供が喜びそうな竹のおもちゃ作りや、スイセンのつみとり体験もできます。

 

 

スイセンの他にも黄梅(おうばい)、土佐瑞樹(とさみずき)、雪柳(ゆきやなぎ)といった小さくてかわいい花が1鉢300円ほどで買うことができました。

 

 

水仙の丘】は花の見ごたえだけでなく、至る所に「見に来てくれた人たちを楽しませたい」という管理者様の想いがあふれた素敵な場所でした。

 

 

いかがでしたでしょうか、あわじ花へんろの旅。

今回は<21番>【淡路市立香りの公園】<48番>【水仙の丘】を紹介させていただきました。

 

ここを訪ねた直後に新型コロナウイルスの感染拡大防止の緊急事態宣言がされて、外出自粛せざるを得なくなったんです。

そして僕も4月からはあわじ花へんろの旅に行くことを休止しました。

地元の人たちも観光客も残念でならなかったでしょうね。

淡路島だけでなく全国の人たちが同じ想いだったことでしょう。

 

来年の「花みどりフェア2021年春」の開催時には淡路島内の全部の桜の名所を巡りたいものです。

皆様もぜひスタンプブックと共に淡路島の花の名所を巡りましょうヾ(*´∀`*)ノ

 

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。
※花マガ ボランティア記者、追加募集中!! 詳細は募集ページをご覧ください。

Date:2020.12.02

注目キーワード

人気ランキング