花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

NEW島のおやつ ~お持ち帰りスイーツ特集~

  • グルメ

レポーター紹介

投稿者じりこ
性別女性
年代40代
住まい兵庫県明石市
趣味サイクリング、食べ歩き、漫画
自己紹介2年間住んですっかり淡路島にハマりました!住んでいたときに感じていた「淡路のいいとこ」をお伝えできればと思います。

こんにちは!花マガライターのじりこです。

 

今回は、2020年にオープンした、おうちで楽しめる「淡路島のお持ち帰りスイーツ」を3店舗ご紹介します。

ご紹介するのは、マフィン・ケーキ・ロケット焼き。

花マガのライター会議で話題にあがったお店に行ってきました!

 

(「こぞらのおやつ」のマフィン)

 

 

【1】「こぞら荘~こぞらのおやつ」のマフィン

 

こぞら荘・全体

 

「海平の郷(うみひらのさと)に、こぞらさんが素敵なお店をオープンしたみたいよ」と話題になっていた「こぞら荘」。

淡路市里の山中にあります。

 

「こぞら荘」は、宿泊もできる複合施設です。

その中のマフィン焼き菓子テイクアウト店・「こぞらのおやつ」に、マフィンを買いにきました。

 

こぞらのおやつ・看板

 

木のぬくもりにあふれたカウンターに美味しそうなスイーツ。

温かい雰囲気につつまれたお店です。

 

こぞらのおやつ

 

どれも美味しそう~。

どれにするか真剣に悩みます。

 

すると、「季節限定のマフィンとオンラインショップに出ていない店頭限定のマフィンはどうでしょうか」と店員さん。

 

それではと、季節のかぼちゃと店頭限定のオレンジのマフィンに決めました。

 

こぞらのおやつ・かぼちゃのマフィン

 

こぞらのおやつ・オレンジのマフィン

 

 

口に運ぶと、マフィンらしいポロポロ感がありつつ、しっとり感もあって、とっても好みの食感。

カボチャやオレンジの風味が、ふんわり漂います。

 

ほどよい甘さで優しいお味。

とっても美味しかったです。

 

こぞらのおやつ・窓辺

(ドリンクのテイクアウトもありました)

 

 

おとなりの雑貨店も、素敵な品物がいっぱい。

NHKの「世界はほしいモノにあふれてる」好きの私、見てるだけでテンション上がりまくりでした。

 

山の上の雑貨店

 

 

こぞら荘、目に入る景色すべてが心地いい。

本当にときめきました。。。

 

なお、「こぞらのおやつ」のマフィン、オンライン販売もあります。

ステイホーム中の楽しみにお取り寄せするのもよいですね!

 

こぞら荘・庭から

 

こぞら荘:https://kozorasou.com/

こぞら荘の詳細はこちらの花マガにも → 【NEW OPEN】山の上の複合施設「こぞら荘」が3月5日オープン!

 

 

 

【2】「OKASHILABO KUKULU(オカシラボ クークル)」のケーキ

 

KUKULU・全景

 

淡路市佐野に2020年7月にできたばかりのケーキ屋さん・「OKASHILABO KUKULU(オカシラボ クークル)」。

 

お店のインスタグラムの写真を見ると、ケーキがキレイ!かわいらしい!

これは美味しいに違いないと、気になっていました。

 

KUKULU・玄関

 

 

ショーケースには期待を裏切らない素敵なケーキがいっぱい。

食べる前から心満たされます。眼福です。

 

KUKULU ショーウィンドウ

 

モンブランやショートケーキなどの定番が人気だそうですが、女性にはこのピンクのハートの「ノア・ド・フレーズ」も人気が高いとのこと。

つややかで、なんとも美しい・・・。

 

KUKULU ノアドフレーズ

 

お店のインスタグラムによると、ギルトフリーのお菓子を目指しているとのこと。

人にも地球にも優しい、そういう取り組みのお店、応援したくなります!

 

 

心のおもむくまま購入しました。

左からアニマート、モンブラン、レアチーズ、そしてノア・ド・フレーズです。

 

KUKULU・テイクアウト

 

 

ノア・ド・フレーズ、いただきます!

 

ノア・ド・フレーズ 断面

 

ヘーゼルナッツの風味が効いた土台、ほどよい酸味のイチゴのコンポート。

それを囲むホワイトチョコのちょうどよい歯ごたえ。

あぁ、おいしい。。。

 

ほかのケーキもまいう~でした。

 

KUKULU・チーズケーキ

 

 

なんというか、見てよし、食べてよし。

OKASHILABO KUKULU(オカシラボ クークル)さん、幸せな気分になれるお菓子でした。

 

KUKULU・アニマート

 

OKASHILABO KUKULU(オカシラボ クークル)(インスタグラム):https://www.instagram.com/okashilabo_kukulu/ 

 

 

 

【3】「ラウレア」のロケット焼き

 

ラウレア 全景

 

3店目は、洲本市安乎町平安浦にある「ラウレア」。

国道28号線沿い、人気の撮影スポット・「AWAJI」モニュメントのすぐ南にあるお店です。

 

ピンクの建物の後ろには青い海、そして並ぶヤシの木。

リゾート感にあふれています。

 

AWAJI モニュメント

(青い空!青い海!で撮りたかったのですが…残念)

 

ここには、「ロケット焼き」を買いにきました。

 

ラウレア ロケット焼き 看板

 

 

ロケット焼きってどんなおやつでしょうか?

洲本では「ロケット焼き」といえば「あぁ、あれね。」という感じの、地元では馴染みのあるおやつだそうです。

 

店内にある自動販売機で食券を買って注文します。

 

ラウレア 自販機

 

注文してから作ってくださったので、受け取るとあっつ熱!

 

お持ち帰りスイーツ特集ですが、せっかくの出来たて。

オーシャンビューのベンチで、おひとついただきます。

 

オープンデッキ ロケット焼き

 

おぉ~、これがロケット焼き。

正体は、大判焼きでした。

 

ロケットの形をしてるわけではないのですね。

名前の由来が気になります。

 

ロケット焼き

 

ロケット焼き、生地がもちもちでおいしい~。

出来たてのため、ほかほかふんわり。

このふわもち感がたまりません!

 

あんこもあっさり目で食べやすいです。

ついつい2個目に手がのびてしまいそう。

 

ロケット焼き 割り

 

 

ラウレアさんのすぐそばにある撮影スポット・ローマ字モニュメント「AWAJI」。

文字の上に座ってる人はがんばってよじ登ったのかな?

と思ったら、後ろに足場がありました。

 

AWAJI 背面

 

登ったり、つかんだり、いろいろ工夫できそう。

オーシャンビューのテラスでロケット焼きを食べながら、映える写真の撮り方を考えるのも、またよし。

 

 

 

【まとめ】

 

マフィン・ケーキ・ロケット焼き、どれもすっごくおいしかったです!

色んなお店のおやつを自宅で好きなタイミングで味わえるのも、お持ち帰りならでは。

旅行の自分みやげにもよさそうです。

 

おうちでまったり淡路島のお持ち帰りスイーツ、ぜひお楽しみください。

 

こぞらのおやつ 袋入り

 

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。

Date:2021.02.05

注目キーワード

人気ランキング