花マガ(淡路花博20周年記念 花みどりフェアwebマガジン)

細胞から綺麗に!淡路島カフェ

  • イベント
  • グルメ
  • 新店舗

レポーター紹介

投稿者明石 春枝
性別女性
年代60代
住まい神戸市
趣味読書、旅行
自己紹介2019年に娘家族が淡路島に移住。すっかり淡路が気に入ったようです。私も孫に会いに行くたびに、神戸からこんなに近いのに、なんて自然が豊かで、食べ物も美味しいの!と、どんどん淡路に魅せられています。いずれ近い将来、淡路に移住しようと計画中です。どうぞよろしくお願いします!

細胞から綺麗に!淡路島カフェ

 

先日取材したパルシェ香りの湯からすぐの、小高い見晴らしのいい丘の上にポツンとある「淡路島カフェ」。
淡路島の食材を中心にした「作り手がわかる食材」を使った、「細胞からキレイになる健康食」をカジュアルに召し上がれるカフェです。

オーナーの金子洋子さんは、長年東京にて「リンパトレナージュ」で多くのお客様の体のケアをしてこられた方だそうです。

大袈裟かもしれないですが、体の中から、細胞から綺麗にするためには「食が大切だ」と感じていたそうです。


あっさりスッキリした店内からは、見晴らしの良い景色が見えました!

2020年11月にオープンしたこのお店。

「オープンしてすぐに緊急事態退宣言で、大変だったのでは?」
とお尋ねすると、

「この状況だけに来てくださいと発信することは難しかったですが、地元の皆さんが徐々に来てくださって〜」
と笑顔で答えてくださいました。

今では近くの漁師さんたちも、仲間を連れてきてくださるそうです。
オーナーさんの若すぎない年齢も落ち着くとか…(笑)

 

 

この日はモーニング時間でしたので、モーニングセット(たまご)とモーニングセット(スープ)各600円を注文。

パンは、なんと淡路市東浦エリアで大人気の「ブランジェリー・フルール」の食パンを使用しているんですって。

そしてこの日のスープは、淡路島の地元のお野菜をたっぷり使った「ミネストローネ」でした。

朝から体がポカポカあったまりました。

他にもランチはメニューがいろいろ!

テイクアウトや通販もされていて、
関東時代のお客様が、オーナーご自慢のローストビーフをネット注文されたり、
口コミでも広がりつつあるようです。

次はランチに来ようかなと思います。

 

■淡路島カフェ

定休日や内容は変更になる場合もございますので、詳しくはホームページをご参照ください。

http://www.awajishima-cafe.com/


 
 

※記事内容は取材当時の情報です。詳細は各イベント・施設・店舗までお問い合わせください。

Date:2021.03.30

注目キーワード

人気ランキング