NEWS

食博覧会・大阪2021との連携協定を締結

2019.12.02

淡路花博20周年記念事業実行委員会と食博覧会・大阪2021実行委員会は令和元年11月18日に連携協定を締結しました。

■目的
「食博覧会・大阪2021」と「淡路花博20周年記念花みどりフェア」の成功と以下の実現を目指すことをもって社会貢献を果たすことを目的とする。
(1)食の恵みと、花やみどりを愛し育てることを通じた豊かな暮らしが持続できる地域の創生
(2)関西の文化の発展と国際交流の促進への寄与

■協定内容
(1)飲食及び交流の場の提供に関する事項
(2)食博及び花みどりフェアの広報・啓発活動に関する事項
(3)その他本協定の目的を達成するために必要な事項

■調印式概要
日 時:令和元年11月18日(月) 16:00~16:15
場 所:リーガロイヤルホテル大阪 桂の間(大阪市北区中之島5-3-68)
出席者:食博覧会・大阪2021実行委員会 理事長 椋本 充士
淡路花博20周年記念事業実行委員会 委員長 石村 健

■コメント
<食博覧会/椋本理事長>
淡路花博20周年記念花みどりフェア様と連携協定を締結する運びとなり大変うれしく思います。2020年秋季と2021年春季には関西のみならず全国から自然豊かな淡路島に多数の方がご来場されることと思います。お互い連携を強め様々なPRやイベントを実施してまいります。ぜひ食博と花みどりフェアにご来場いただき関西の“花とみどりと食”をご堪能ください。

<花みどりフェア/石村委員長>
食博覧会・大阪2021様と連携協定を締結できたことを大変うれしく思います。2000年の国際園芸・造園博「ジャパンフローラ2000」から20年を迎える2020年秋と2021年春に、花と緑と食の祭典「花みどりフェア」を開催します。特に秋は、朝廷に食を献上していた御食国「淡路」、また、くにうみの島「淡路」を前面に、和食や人形浄瑠璃など歴史文化をメインに様々なイベントを開催します。食博覧会様におかれては、全国から約60万人と大変多くの方が来られます。相互PRなど、連携させていただく効果を大いに期待しております。食と花とみどりで一緒に関西を盛り上げていきたいと思います。

■食博覧会・大阪2021
https://www.shokuhaku.gr.jp/